オシャレなホームページのイメージは?

視覚的に楽しめる要素の有無

オシャレなホームページの定義というのは、判断する人の数だけ答えは異なります。個人の好みと言う要素が入ってしまうため、確固たる定義をしていくのは、中々難しいかもしれません。けれど反対に、オシャレだとは判断されにくい要素から考えて行く事で、オシャレなイメージのヒントが見えてくるのではないでしょうか。
黒一色を使った文字だけのホームページや、ナビゲーションとなるボタンやレイアウトがなく、単調なホームページだと、まずオシャレだと思われることはありません。そこには、ホームページを訪問してくれた人の視覚を楽しませる要素がないからです。したがって、オシャレなホームページを作るには、色やデザインのメリハリを付けていくこと、画像や写真などを効果的に利用し、訪問者の視覚を楽しませる工夫が必要になってきます。

足し算ではなく引き算を

オシャレなホームページを作っていく上で陥り易いポイントは、凝り過ぎて、まとまりがなくなってしまう事です。必要以上に色を使い、何を強調したいのか分かりにくくなってしまったり、デザインやロゴと一つ一つのものには凝っているものの、全体として見た時に、チグハグとした印象を与えてしまったり、今一歩のところでやり過ぎて惜しい出来上がりになってしまうという失敗は少なくありません。けれど、少しの手間をかければ、すぐにオシャレなホームページになります。
それは、引き算をしていくことです。平面で印刷物を見るのとは異なり、ホームページはパソコンやスマートフォンなどの画面で見るものですから、適度な匙加減や微調整が必要になってきます。色で変化を付けたい場合は、色を足すのではなく、同じ色でトーンを変えるなど、多過ぎる要素をそぎ落とし、まとまりを考えるようにするとうまく行きます。オシャレな感じを出したいなら、足し算ではなく、寧ろ引き算が大切です。

ホームページ制作の実績が豊富な専門業者では、幅広い要望に対して柔軟な対応が可能な他、的確なアドバイスも受けられます。

© Copyright Homepage Color Schemes. All Rights Reserved.